事前準備

1.遺言書の検認

遺言書が、亡くなられた方の自筆で作成された遺言書(自筆証書遺言)である場合、まずは家庭裁判所で「検認」という手続をしなければなりません。
検認とは、ご本人の作成した遺言の存在を家庭裁判所が確認する手続です。
なお、封がされた遺言書は、ご家族であっても勝手に開封することはできませんので、ご注意ください。

※遺言書が公正証書で作成されているときは、この検認手続は不要です。

2.遺言書の内容確認

遺言書が正しく記載されているか、また法的に問題がないか確認します。
裁判所で行う「検認」の手続は、形式的に遺言書を確認するだけで、有効無効を判断するためのものではありません。そのため、どのような記載がされているかはご自身で確かめなければなりません。
中でも、不動産の表示は間違いが多いので、正しく記載されているか注意して確認しましょう。

相続手続の流れ

相続により家を取得した場合、名義変更手続(相続手続)をする必要があります。
ここでは、亡くなられた方が遺言を作成していた場合の手続をご案内します。

亡くなられた方に関する書類の取得

遺言の内容に問題がなければ、名義変更のための書類を準備します。
まず、亡くなられた方の住民票の除票(または戸籍の附票)及び戸籍謄本(除籍謄本)を取得します。

不動産を取得する方に関する書類の取得

遺言により不動産を取得することとなった方の住民票の写しを取得します。
不動産を取得するのが相続人である場合、不動産を取得する方の戸籍謄本(抄本)も併せて取得します。

登録免許税額の計算

納税通知書や名寄帳に記載された固定資産税評価額の1,000分の4の額が名義変更のための税金(登録免許税)として必要です。そのため、税額分の収入印紙を貼用台紙(任意のもので可)に貼って提出します。

登録免許税の計算例

例えば、500万円の不動産を相続で取得した場合
500万円(固定資産評価額)× 1,000分の4(税率)=2万円が納付すべき税金額となります。
※ここで注意!不動産を取得する方が相続人ではない方の場合、税率は「1,000分の20」となります。

登記申請書の作成

名義変更のための登記申請書を作成します。
なお、申請書には押印が必要ですが、実印で押印することが好ましいでしょう。

申請書及び必要書類の提出

作成した登記申請書とこれまでに用意した書類を合わせて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出します。

提出書類
  • 登記申請書
  • 遺言書(自筆の場合は検認を受けたもの)
  • 亡くなられた方の住民票の除票(または戸籍の附票)
  • 亡くなられた方の戸籍謄本(または除籍謄本)
  • 不動産を取得する方の戸籍謄本(抄本)※相続人の場合
  • 不動産を取得する方の住民票の写し

交付書類の受取

法務局の審査が無事に終わると、法務局から書類が交付されますので、法務局窓口(または郵送)で受け取ります。
交付される書類のうち「登記識別情報通知書」という書面は、以前までの権利証に代わるもので、所有者を特定するための重要なものです。紛失しても再発行はされないので、大切に保管してください。

手続終了

法務局から書類を受け取ると名義変更の手続は終了です。
しかし、上記はあくまで一般的な名義変更の手続を示したもので、個々のケースによっては手続が異なることがございます。ご了承ください。
当事務所では、遺言がなく、これから準備を始める方のために、「おまかせプラン」もご用意しております。手続を始める前にぜひ一度ご相談ください。

おすすめはじぶんでプラン

1件 28,000円(税抜)+ 実費

※同じ市区町村内に不動産が複数ある場合は不動産の数×1,000円のみ追加

書類チェックと登記申請だけというシンプルなプラン

遺言書や遺産分割協議書の用意ができている場合におすすめです。
お手伝いは最小限なので、ある程度自分でやってみよう!という方向けのプランです。

無料相談実施中!

当事務所では、名義変更手続に関する無料相談を行っております。
ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
営業時間 9:00~18:00(土日祝日は要予約)
TEL 011-788-5525
FAX 011-788-5585